ドレスのサイズの選び方

ドレスを着た時の身体のライン

バストとウエストのラインは、一番女性の身体を美しく見せてくれるところですし、写真に写る時や椅子に腰掛けている際に相手側の目が行きやすい場所である為、そのラインが一番綺麗に見えるサイズを意識して選んでいます。

 

ヒップは座っている分にはあまり見られないので特に気にはしませんが、立食パーティーなど全身を見られる場合にはヒップまで綺麗なラインが出るものを選びます。

 

身体のライン以外では、デコルテ部分も視線が集まる場所なのでそこが綺麗に見えるサイズがあればそちらを選びます。

胸回りの締め付け具合に気を付けよう。

気をつけておいてほしいポイントの一つが胸回りです。
全体的に1サイズ大きいと動きやすかったりしますが、胸元が浮いて胸が小さく見えたりしますし、胸や下着が見えてしまうと下品なだけだと思います。

 

ドレスのサイズが小さくギリギリ着られたとしても、背中や脇のお肉が乗っかってしまい醜いシルエットになることでしょう。
他にウエスト・ヒップラインなど全てが自分にピッタリ合ったサイズを見つけるのは難しいかもしれません。
しかし、ウエストはコルセットで矯正する事ができますし、ヒップが大きかったり小さかったりすることが気になるのであればふんわりしたドレスを選ぶことができます。
ですので、胸回りのサイズ感を一番に気を付けるべきです。

アンダーバストとお尻の部分の下着の線には注意をする

ドレスを着用するのは特別の場所。そして多くの人の目に触れる場所です。
その時に着用するドレスで一番気を付けることは、下着の線をどのように抑えるかということです。

 

もちろん下着の線が出るのが嫌という人は下着を着用しないこともあるほどなんですよ。

 

下着の線が出るということはその周辺にあるぜい肉の盛り上がりなどもドレスの下に見えることもありますね。せっかくのドレスが台無しです。綺麗な体のラインがあってこそのドレスですから。
そのためにドレス着用の時の下着はとても大切なことなのです。

ドレスの裾周りの広がりは時に迷惑にもなるので注意

女性のドレスというのは裾広がりのものも多いです。
タイトなドレスよりも女性らしさを演出できますし、かわいらしさもあるので人気です。

 

しかしこの裾広がりのドレスは、タイトなドレスに比べて、その着用に注意が必要です。

 

なぜなら裾が広がっているということは、座った時に、足で踏んでしまう。
またお客様のほうに広がり邪魔になってしまう可能性もあるという時には迷惑なドレスに変身するからです。

 

そのため立ち上がった時には、ふんわりしているけれど、座った時には、あまり広がらないドレスを選ぶのがいいです。また足で踏んでしまうということは裾が傷みやすいということなので破れやほつれに注意する必要があります。

ドレスのサイズの選び方記事一覧

ドレス選びの時に注意しておいて欲しいこと

ドレスというのは仕事に欠かせない仕事道具に1つですよね。またお店にいるお姉さんたちのドレスを見ていると、その人の好きな色、好きな形などが自然にわかってくるはずです。ドレスはたくさんありますし、女の子もたくさんいるので、あまりかぶることが無いと思っていても、嗜好が似ていればドレスがかぶってしまうという...

≫続きを読む